STAP細胞は、なかった。と世間的には確定した。

STAP細胞は、やはりES細胞であったという記事が新聞に乗った。小さく。

これで、最終的にSTAP細胞が存在しないことが確定した。少なくとも世の中的には。

この扱いの小ささに、STAP細胞に対する日本人の科学的な興味の小ささが見て取れる。STAP登場時や、捏造疑惑発覚時にあれほど騒がれたのは、やはりゴシップ的な興味だったのだろう。